【レビュー】H.C.M.(ハイコンプリートモデル)No.22 Zガンダム

解説

「様々なポーズを楽しめる精密なメカニズムで構成されたアクションフィギュア」として展開されたH.C.M.(ハイコンプリートモデル)シリーズの22番目にラインナップされたゼータガンダム。
塗装済みアクションフィギュアであるが、ビームライフル等一部パーツはランナー状態で封入されており組み立て式である。
設定とは微妙に異なる機構であるが、ウェイブライダーに変形が可能。
スケールはガンプラのスタンダードサイズである1/144(全高約15cm)。

メタデータ

商品名

H.C.M.(ハイコンプリートモデル)No.22 Zガンダム

 メーカー バンダイ
 発売年月日 調査中
 値段

2800円(税別)

 

パッケージ

パッケージのレイアウトはシリーズ共通のフォーマットが使用さえているが、ウェイブライダー形態のイラスト・写真も掲載されている。

裏面の説明によると「マニアのコレクションに適しています」とのこと。

ビームライフル、ビームサーベル、素材・色違いのがアンテナが付属し、ランナー状態での封入なので組み立てが必要。

変形方法が記されている説明書と、劇中設定が記述されているデータシート。

 

プロポーション

ややガッシリとした体形。

変形の都合上、両脚がピタッと閉じた状態でハの字型に開くことはできない。

一応彩色済みフィギュアであるが、各部のイエロー部分の色が足りない。

硬質素材の黄色いアンテナパーツに換装が可能。お好きな方をどうぞ。

H.C.Mより前に発売されたと推測される1/144ゼータガンダム(写真左)との比較。

プロポーションの再現という意味ではプラモデルの1/144の方が優れている(非変形ではあるが)。

 

可動等

腕の可動の自由度は高くはなく、上腕部があまり回転しないため、肘関節部を上に向けることができない(上写真が最大の可動域)

もちろん全部の関節では無いものの、指は可動する。

これはプラモデル1/144には無かった機構。

脚の自由度も高くない。上の写真が前後に開いたときの最大の状態。

ビームサーベルは2本付属するので、両手に持たせることが可能。

 

変形

設定に沿っているようでやや異なる変形機構。

肩アーマーの両サイドを回転させる方法は後にも先にも見たことがない。

ウェイブライダーはウィングが小さめな印象。

同じく1/144スケールで変形を実現したRGゼータガンダム(写真左、2012年製)との比較。

RGのMS・WR両形態のプロポーションの完成度の高さに、技術の進歩を感じさせられる。

 

以上、H.C.M.(ハイコンプリートモデル)No.22 Zガンダムでした。

WRのウィングがもう少し大きいだけで随分印象が変わった気がします(当時の技術的にも難しいことではないかなと)。

流川 ゼータ

ルー・ルカ好き好きマン。グレミー・トトではない。ガンダムZZオフ会というものを不定期にやっております。

You may also like...