【レビュー】FW SDガンダム NEO 02 Zガンダム

解説

「STANDart:」や「CONVERGE」など食玩FW(フュージョンワークス)シリーズで培ってきた技術が全面的に投入された、新たなSDガンダムシリーズ「FW SDガンダム NEO」。

その2弾にラインナップされたゼータガンダムは、ハイパー・メガ・ランチャーを携えた姿で立体化された。

SDガンダムの特徴である大きな頭部と眼は、高密度なディテールとクリアパーツで表現されている。

アンテナ等一部パーツにはABSパーツが使用され、エッジの効いた造形が魅力的である。

 

メタデータ

商品名  FW SDガンダム NEO 02
 メーカー  バンダイ
  発売年月日 2017年5月23日
 値段

 370円(税抜)

 

プロポーション

CONVERGEガシャポン戦士f(フォルテ)ネクスエッジスタイルなど、近年のディフォルメフィギュアのスタイルは3~4頭身が主流であったが、本プロダクトはガシャポン戦士初期を思わせる2頭身で表現されている。

フュージョンワークス特有のエッジの効いたディテールも健在。可愛らしさと高級感が同居しているように感じられる。

SDの大きな特徴の1つ、大きな眼(カメラアイ)はディテールがクリアパーツ裏側に彫刻され、シルバーで塗装されている。

バルカンの位置が設定とやや異なる。

 

武装他

ハイパー・メガ・ランチャーは上部の取手を握らせることも可能。

シールドはクランク状のパーツで腕に接続されており、好みの位置に調整することが可能。

武装は同年発売のガシャポン戦士fのゼータガンダムと互換性がある。お互いにちょうどいいサイズ感とディテールである。

 

改修作例

部分塗装と墨入れを施したもの。

墨入れははっきりとしたわざとらしいくらいが好みなのだが、これは少しキツ過ぎるかもしれない。。。

同じフュージョンワークスシリーズのCONVERGE SP06との比較。NEOはFW特有の高級感がぎゅっと詰まってる感じ。

SDガンダムフルカラーステージ8のゼータガンダムと。フルカラーの方はMGのゼータガンダムがデザインのモデルだったが、NEOの方は特にモデルは無いようだ。

 

以上、FW SDガンダム NEO 02 Zガンダムでした。

墨入れの濃さには注意です。。。

流川 ゼータ

ルー・ルカ好き好きマン。グレミー・トトではない。ガンダムZZオフ会というものを不定期にやっております。

You may also like...